豆本『春の似顔絵』

豆本『春の似顔絵』

クリックで拡大

春の詩が一篇収録してある、ソラミミで現在最小の豆本です。

カプセル自販機「豆本がちゃぽん」にこの作品で参加させていただいた際、がちゃぽんの取材に来た方がこの豆本を読んで、
「なんだかロマンチックですねえ」
との感想がテレビで放送されたことが、密かな自慢です。

表紙は桜模様の友禅千代紙、本文は和紙(見返しの赤色は印刷です)、赤い糸で中綴じ、見返しは糊付けです。
OPP袋には、桜型の飾り和紙が入っています。

イベントで「最後の『青』とはどういう意味なんですか?」と聞かれたことがありました。
この詩では、「春」や「青」は青春を意味します。
春の甘酸っぱい恋心をお届けできたら嬉しいです。

豆本『春の似顔絵』

200円

カートに入れる

お一人様2個まで

詳細情報

サイズ
25×21×1.5ミリ
素材
紙、刺繍糸
表紙:桜色 綴じ糸:赤色
製法
手製本・中綴じ
発行年月日
2009年4月16日発行 

フォトギャラリー

ページの先頭へ

ページの先頭へ

カート

カートの中身はからっぽです

架空ストア 雑貨、アート作品、戯曲の電子書籍など、豆本以外の作品も取り扱っております。※豆本店の作品と一緒にご注文いただけます。

豆本店に作家として参加しよう。作家募集中